便秘解消はごぼう茶が効果的|食物繊維が腸内を駆け巡る

胃に食べ物を残さない

胃腸内の残留物をなくすことができます

ファスティングダイエットとは、一時的に食べ物を食べないようにすることで、胃腸の中を空にするというダイエット方法です。 食べ物は、食べてすぐに消化されるわけではなく、胃腸内に長く留まります。その間に次から次へと食べ物が入ってくると、消化が追いつきません。すると胃腸内の残留物が増えますし、それによって体重は増え、体はむくんでいきます。 しかしファスティングダイエットにより、食べ物が入ってこなくなると、胃腸は残留物の処理にのみ力を注ぐことができるようになります。その結果、胃腸はすっきりときれいになり、体重は減り、むくみもなくなっていくのです。 健康的に痩せていくことができるため、ファスティングダイエットは注目を集めています。ファスティングダイエット中の栄養不足を防ぐサプリメントやドリンクも多く販売されるようになっているので、ファスティングダイエットをおこなう人は一層増えていくと考えられています。

ファスティングダイエット後の食事における注意点

ファスティングダイエットにより胃腸内の残留物は減りますが、それと同時に消化吸収機能も低下します。一時的にとはいえ絶食するわけですから、胃腸は新しく入ってきた食べ物をうまく処理できなくなるのです。 この状態の胃腸に、いきなり多くの食べ物を詰め込むと、消化不良を起こす可能性が高いです。すると胃腸の中には、また残留物が増えていくことになります。なおかつ、体が食べ物に飢えている状態なので、食べ物に含まれている脂質や糖質は、過剰に吸収されるようになります。すると、体脂肪が増えることになります。 こういったリバウンドを防ぐには、低下した胃腸の機能を回復させる必要があります。ファスティングダイエット後に、いきなり通常の食事をとるようにするのではなく、まずはお粥やスープから始めるのです。そして徐々に固形物の量を増やしていくことで、リバウンドは防がれます。